スペアタイヤの扱いは

スペアタイヤの扱いは

キャンピングカーのなどの車検をディーラーで取るときに、「スペアタイヤは、なかったら車検は、とれない」もしくは「スペアタイヤが劣化しているので車検が通らない」と言われたことがある人が多いのではないでしょうか。

スペアタイヤの取り付け部分にフタをして実は中身がないという状態のひとは、とうぜん「スペアタイヤが無いから車検が通らない」と言われたりするわけです。

たしかスペアタイヤの、装着義務がなくなったはずだけどなぁ、その法律は施行されてると思うんだけどなぁなどとぼんやり考えるのですが、実際はどうなのでしょう。

たしかに車検点検項目から、スペアタイヤ項目が無くなっています。

スペアタイヤって法律で義務付けられているものじゃなくなったんじゃないの?と思ってしまいますよね。

これはきっとお客を騙してちまちまと儲けようとしてるのではないか!とまで考えてしまいそうです。

FJクルーザー.net

車によってスペアタイヤは検査する

たしかにスペアタイヤは車検の項目から外れました。

しかしそれは車の中にスペアタイヤを入れ込んでいたような車の事で、ここで言うところのキャンピングカーが、後ろのドアにスペアタイヤを付けていて、車の長さがそのタイヤも込み込みで車検証に記載されているような場合は、寸法が変わってしまえば外した状態がNGとなります。

なのでこのキャンピングカーがスペアタイヤケースが付いていて中身がないんだよ、でも全長は変わんないんだよというときには、タイヤを入れなければならないかというとそうではないようですね。

むき出しのタイヤを引っ掛けていて、これが影響するなら、タイヤは購入しなければなりません。

こういう車に該当しないのに「スペアタイヤが」と言われた場合は、相手さんは勘違いしています。

「調べ直してください」と言えばいいのではないでしょうか。

近頃ではスペアタイヤが初めから積んでいない車も多いんですよ。

そのかわり「パンク修理キッド」が初めから付いていたりします。

これで大丈夫なのか!といえば、パンク程度なら大丈夫。

ガソリンスタンドやタイヤ屋まではモチますよ。

でもバーストなんかされたら、どうしょもないですね。

といゆかバーストするようなタイヤは、始めから履いていてはいけないですわ。

Starburst Theme designed by Claire