フォグランプは

フォグランプは

メーカーディーラーの車検が厳しいのは知っていましたが、車検の見積もりを取るために見せたところ「フォグランプのカバーに罅がはいっているために、交換が必要です。このままでは車検は通りませんよ」といわれていしまいました。

フォグランプ自体付いていない車もあるのに、これが原因で車検が通らないなんて、何となく納得できません。

しかもフォグランプを点灯させることなんか、そもそもそんなにあることじゃないじゃないですか。

交換しろと言われても、なんとなく勿体無い気がしてしょうがないわけです。

ランプが切れてるってことでもないんですよ!

これをなんとか安価に車検が通る方法がないだろうかと考えました。

フィットシャトルハイブリッドエコカー減税

必要ないなら取っ払う

そのフォグランプがあるから車検に通らないわけです。

これって取り替えれば4万はかかりますよね。

コダワリがないのであれば、かなり馬鹿馬鹿しい。

フォグランプがなければ車検が通らないというものではないわけですから、取っ払ってしまえば車検は通るんですよね。

ちゃんと配線もとらなければなりませんが、初めからフォグランプがない状態で車検を受ければ問題無く通ります

どっちがお金がかからないかといえば、とうぜん「取っちゃえ!」なのです。

しかし「もう一度付ける」などと考えていると、意味が無いので取るなら諦めるということでしょうか。

ディーラーで車検を受ける場合はかなり厳しくて、フォグランプをHID化しただけでも車検は通りません。

ハロゲンに替えればOKですが、そうしないならとっちゃえってことです。

その点ユーザー車検であれば、もっと穏やかです。

また費用も修理すべき場所によって変わってしまいますが、ディーラーの半額ぐらいでできます。

その時はフォグランプもHIDだったのですが、問題なく通りました。

車自体が古くフォグランプは黄色でした。

そこで黄色の反射板を取り去って、HIDにしていたので白色でした。

それで通しましたが、もしディーラーであればハロゲンに戻すように言われたと思います。

初回車検時に、保安部品として登録された部品についてがすべて、その後の車検時にも正常に機能しなくては車検が通りません。

反対に言えば新車時にシートベルトやヘッドレストがなければ、今でもそれはいらないままで車検が通るのです。

Starburst Theme designed by Claire