車検に必要なもの

車検に必要なもの

ユーザー車検を受けるときには、自分で必要書類を準備しなければなりません。

検査日は予め電話やネットで最寄りの陸運局に予約をしていることでしょう。

ユーザー車検を受ける準備は、必要な書類を揃えることです。

事前に意しなければならない書類と、検査当日に車検場で用意する書類があります。

自動車検査証は車検証と呼ばれ、これは自動車の中に積んでいなければならないものですから、必ず入っているはずですよ。

ダッシュボードの中などに保管していることが多いようですね、

自賠責保険証、納税証明書も車検証と一緒にケースなどに入れてある言が多いと思います。

この3つが事前に用意しておくべき物です。

どちらか1つでもなければ、車検が受けれませんよ。

しかしどうしても見当たらない時がありますよね。

無くしたとは思いたくないのですが、なくしているんでしょう。

その時には再発行しなければなりません。

なんでもギリギリにしてしまうと慌てなければならないので、事前に確かめておきましょう。

車査定

必要書類の再発行

車検に必要な「車検証」「自賠責保険証」「納税証明書」をなくしたら、再発行をしてもらわなければなりません。

納税証明書を無くしてしまったときは、印鑑と車検証を持って各都道府県の税務署で再交付の手続きを行います。

当日管轄の陸運支局の近くにある自動車税事務所でも可能です。

軽自動車の場合であれば、住所地の市役所にある納税課へ行けば手続きができます。

車検証をなくしてしまった場合は、再発行は出来ますが、少々手間がかかります。

管轄する陸運支局(軽自動車は軽自動車検査協会)へ行き、再発行手続きを行います。

しかし本来車は車検証を携帯していなければ、その車は運転してはいけないことになっています。とうぜんこの陸運支局に行く時にも、その車を運転していくことはできませんよね。

そこにちゃんと配慮して陸運支局に行かなければなりません。

公共交通機関を使うか誰かに送迎してもらうか、他の車で行くしかないのではないでしょうか。

呼び止められることはないだろうなどとタカをくくっていると、良い結果にはなりません。

ハッキリ違反行為なので、「大丈夫だろう」というのはやめましょうね。

Starburst Theme designed by Claire