仮ナンバーを取る

仮ナンバーを取る

仮ナンバーとは、ナナメに赤線が引いてあるナンバーですので、見ればすぐに分かります。

仮ナンバーは、ちゃんと法律で公道を走ることを認められたナンバーです。

車検の有効期限が切れている車に付けるのが仮ナンバーで、このナンバーをつけておけば車検の有効期限が切れていても『無車検車運行』による違反点数6点、罰則が6ヶ月以下の懲役または30万以下の罰金などは課せられることはありません。

そっかぁ、6点かぁ、そりゃ大変だぁ。。。という気分になりますが、仮ナンバーで車検の件はクリアしていたとしても、もう一つ気をつけなければならないのは自賠責保険。

自賠責保険の有効期限が切れていれば、『無保険車運行』により違反点数6点、罰則が12ヶ月以下の懲役または50万以下の罰金が課せられます。

だいたい自賠責は車検のあとに期限が来ることも多いのですが、かならずチェックしておかなくてはなりません。

車検も自賠責保険も、ダブルで切れていた場合、違反点数12点になり、免許取り上げになってしまいますので、「うっかり」といえど影響は大きすぎます。

もし悪質だと判断された場合、裁判にかけられ禁固刑を言い渡されることもあります。

このような車で事故をおこした場合は、実刑は免れないでしょう。

アウディA4.biz

仮ナンバーの取得は

車検が切れた車を自走して車検を受ける場合は、かならず仮ナンバーを取得しましょう。

そうであれば、自賠責保険が有効であれば、違反することなく車検場まで運転することが出来るのです。

仮ナンバーの取得は自分の住んでいるところか、車の保管場所を所轄する区役所・市役所・町役場に申請し、手続きを行います。

この時に車検が切れた車に乗って行くようなことは、絶対にしないように。

用意するものは運転免許証、認印、自賠責保険証の元本、手数料(700円程度)、運行する車を確認するための書類が必要になりますが、この場合であれば車検証でいいでしょう。

これらの書類を用意して役所に行き、自動車臨時運行許可申請書を記入します。

車検証を見ながら書かなければ、わかりにくいですよ。

その記入が終われば窓口に提出し、すぐに仮ナンバーを貸してもらうことができます。

仮ナンバーが有効な期間は申請日当日を含めて3日間です。

この期間を過ぎれば、再び無車検車扱いとなり、処罰の対象となります。

それが解らずにいると、せっかく合法的にと思った努力が水の泡ですから注意しましょう。

Starburst Theme designed by Claire