車検が受けれる期間

車検が受けれる期間

車検は車が公道を走るためには必ず受けるべきものです。

これが有効期間でないと、「公道は」走ってはいけないことになっています。

これが切れているにもかかわらず公道をはしれば、「無車検者運行」ということになり、処罰の対象となるのですよ。

6点の違反点数と6ヶ月以下の懲役の処罰または30万以下の罰金という形になります。

うっかりでは済まされませんので、十分気をつけましょう。

車検は有効期間が終わるその日に受けてももちろん有効。

しかし車検の有効期間の1ヶ月前からでも可能です。

1ヶ月前以降であれば、期日はそのままで2年間が有効期限となります。

たとえ有効期限が5月10日で、まえもって4月11日に車検を受けたとしても、有効期限は2年後の5月10日になるのです。

早めに車検を受けたからと言って、有効期限が短くなるということはないのです。

しかしそれも1ヶ月前以降の話で、その前に受けたときは違います。

1ヶ月より前に車検を受けることは、実際は出来ます。

しかしその場合は車検期間も前倒しになるため、実質ソンをしてしまいます。

余程の理由がない限り、皆さんなさいません。

カービュー評判

車検の有効期限は?

車検の有効期限は、車検証で確認することができます。

車検証の左下あたりに「有効期限が満了する日」と書いてありますので、それを見れば車検の有効期間が満了する日がわかるようになっています。

また検査標章というステッカーが、前面ガラスの真ん中上に貼られています。

これが貼ることを義務付けられていますので、かならずありますよ。

その数字で車検の有効期間がわかるようになっていますので、これを見て「は!」と気がつくこともあるでしょう。

もしうっかりしてしまい、車検の有効期間が過ぎてしまったら。。。

その車はそのままで公道を運転することはできません。

その時に『無車検車運行』により違反点数6点、罰則が6ヶ月以下の懲役または30万以下の罰金の対象になるのです。

絶対ん祈ってはいけないことになっていますので、それでも動かしたい時には、仮ナンバーをつけるということになります。

そうして車検を受けるために車を持ち込むということは可能。

もしくは車をトラックに積んで、車検を受けるしか無くなってしまいます。

というか車検は「うっかり忘れてた」では済まされません。

免許証の期限も「うっかり」は済まされませんよね。

車を運転するというのは、忘れてはいけない日にちなどがたくさんありますね。

忘れない工夫を、ちゃんとしておきましょう。

Starburst Theme designed by Claire