自分で車検を!

自分で車検を!

車検は、初年度であれば3年、あとは2年に1回、必ず受けなければならないことになっています。

公道を走っている車はすべて、ちゃんと定期的に保安基準に適合しているか否かという検査を受けて走っているということになりますね。

車検をうけるのがディーラーや整備工場の場合には、一緒に整備もしてくれます。

車は乗っていればそれなりに劣化してきます。

劣化の原因が摩耗であったり、走行時の振動であったり、それによって様々な部品が消耗しますし、歪んでしまったりするのです。

知らずに走っていれば、重大なトラブルを引き起こしてしまうような部位もあります。

エンジンやブレーキなどに影響が出るなら、とんだ大事故になってしまうこともあるのです。

車検の意義

車検という定期的な検査が義務化されていれば、少なくともどんなに車を顧みない人でも最低限安全なクルマに乗ることが出来るということですよ。

車の事故は本人の安全性だけではなく、公道を利用している不特定多数の人の命も脅かしかねない事になります。

車が定期的に検査されることで、重大な故障を未然に防ぐことが出来ますし、交通安全と円滑な流れを確保することができます。

また予め危険性が高い車は、公道から排除するということも可能ですよね。

そういった目的があって車検の義務があるのです。

車検を受けた車は、かならず自賠責保険に加入します。

これも「無保険車を無くす」という目的になります。

被害者救済の意味合いが大きなものですよね。

車検は内訳を見ればわかると思いますが、費用の大半は税金です。

必ず重量税と自動車税を収めるようになっていますので、税金の徴収が出来るわけです。

この税金は道路の建設、補修などにも使われますし、都道府県の大きな税収にもなります。

アテに出来る財源なのですよ。

ただしこの車検制度が今のクルマ事情にマッチしているのかという問題があります。

車検制度は1951年にスタートした道路運送車両法に基づいているものですが、現在の車のように耐久性がある車ではありませんでした。

トラブルも結構発生していましたから、定期的な検査することが必要とされるものだったんです。

道路事情だって全然今とは違います。

現在そこまで車検が必要なのかと言われると、ちょっと疑問よねという声もあります。

Starburst Theme designed by Claire